もっとキレイになるために!美容師に学ぶヘアスタイリング

髪の根元を立たせて通気性を保とう!

湿度も乾燥も美髪の大敵ですよね。美容師は、髪の広がりもペシャンコも、正しい乾かし方で回避できると言いますね。髪の内側や根元が乾いていないと、髪がペシャンコになってしまいますよね。髪の内側や根元は水分を残しがちですが、髪の根元を立たせて通気性を保つようにしましょう。ただし髪表面が乾燥しすぎると髪の広がりの原因になりますから、ドライヤーの熱から守るヘアミストなどで、潤いを与えながら行うようにするとよいでしょう。

頭皮を乾かすポイントとは?

毛髪診断士の資格を持ち、健康で美しい髪作りのアドバイスを行っている美容師によると、美髪のためには、髪だけではなく、頭皮を乾かすのがポイントだということですよ。髪に指を通して持ち上げるようにして、髪1本1本を根元から乾かすのと同時に、頭皮をしっかりと乾かすようにすることが大事なんですよね。ドライヤーの風を一つの方向だけから当てるのではなくて、小刻みに動かすようにするのがポイントだと、美容師は言いますね。

理想のヘアスタイルをキープするために!

美容師のアドバイスによると、パーマやカールなどのウエーブを出したい人は、密着力の高いミルクタイプのヘアスタイリング剤を選ぶといいということですよ。手のひらにスタイリング剤を出しますが、指先ではなく、手のひら全体にのばすことで、髪全体に均等につけることができますよ。また、指を組み、指の間にもスタイリング剤を行き渡らせて、手ぐしを通すように使えば、スタイリング剤が髪全体に過不足なく行き渡りますよね。スタイリング剤を根元につけると、重みで髪がペタンと寝てしまいますから、根元3センチを避けるのがポイントだと美容師は言いますよ。

美容師の求人を探すにはお住いの地域の無料の求人誌を見ることやパソコンで「美容師 求人」というキーワードを検索サイトに打ち込んで探してみると見つかりやすいです。

Comments are closed.