介護分野はますます重要!?人材確保と制度の整備

一般企業の介護分野への参入

最近は介護をしている人が多くなっています。親の介護のために転職を余儀なくされたり、また会社を辞めて介護に専念せざるおえない状況になる人も多くなっています。また高齢者同士で介護をしたり、介護疲れのために事件になったりと社会問題にもなっています。そのような世の中を背景に介護の分野にも力を入れて、働く人から介護保険料を負担してもらいその分野の開拓に力を入れています。またそのような需要から一般企業が介護分野にも多く参入してきています。

厳しい介護分野の財源

しかし介護の分野で働く人たちの待遇は決してよいとは言えず、そのために退職したり転職したりする人も多いです。人の人生に寄り添い、介助をしたりと家族に代わって面倒をみたりと精神的にも肉体的にもハードな仕事であるにもかかわらず、財源自体が少ないために、どうしても給与面では安くなることも多いです。一方でお金がある高齢者に対しては企業が十分な設備を持った高齢者向けの介護付きのマンションを販売したりしていますが、そのような企業で働く介護関係者は待遇面では比較的恵まれた方で社員の定着率も高いです。

介護従事者の待遇と転職

このような官民での設備に多きな待遇格差がでることによって、介護従事者が一方に集中して逆に他方では人材不足になったりしています。また介護従事していた人たちが、一般企業の事務員や営業員として転職する人も多くなっています。しかし今後も高齢化が進み、介護施設が必要になることが明白であり、当然そこで働く人材の確保も必要になることから、待遇面について改善できるような施策が必要です。また根本から介護分野への取り組みを考え直すことも必要になっています。

介護の派遣の需要は介護が必要な高齢者が多く派遣としての人材が必要で、介護が必要な高齢者の人口が多い地域を中心に高まっています。

Comments are closed.