気難しそうで意外と簡単!?工場バイトで先輩社員や仲間と早く打ち解ける方法とは

最初は打ち解けずとも元気の良い挨拶を忘れずに!

多くの工場でバイトに入ったは良いものの、いかにも取っ付き辛そうな先輩社員が大勢居る職場に当たってしまい、職場の雰囲気に慣れるのに苦労したケースってありませんか?先ずは勇気を持って恐怖心や不安感を感情の中から取り払い、とりあえずはしっかりとした挨拶と返事を心掛ける事からスタートするのが良いでしょう。どんなに気難しい先輩社員でも、挨拶や返事を元気よくこなす人物を好んで不当に扱ったり苛めたりというケースはまずありません。「それでも酷い扱いならすぐに辞めてやる!」位の開き直った気持ちで接してみたら逆に気に入られたりする等、意外と上手くゆくものなのです。その際オドオドしたり中途半場な接し方は逆に良くありません。

単独行動は避けて隙あらば自分から接触を

仕事の中でも休憩中でも、こちらから何か先輩社員やバイト仲間との接点は何か無いかと探りを入れる事を忘れるべきではないでしょう。他人の会話を盗み聞きしたり小耳に挟むのはあまりよろしく無い事は確かですが、それが共通話題で話が更に発展しそうであれば、職場のコミュニケーションを潤滑化する意味でも積極的に話し掛けてみるべきなのです。仕事の支障になる様でしたら休憩中の休憩ルームや昼食時の食堂でも構いません。工場という職場であれば少々強引に話題に割り込ませてもらっても、話しが盛り上がれば相手も悪い気持にはならない筈です。もちろん話題の内容は少し砕けている方が好まれるのは確かで、事前に少し大人の遊びやアウトドア系の趣味を覚えておくと効果は絶大です。

ガテンワーク系の工場であれば常に手助けを考えて

挨拶や返事だけ威勢が良くとも、行動が伴っていなければ口だけという評価を下されかねないのが工場バイトの辛い所。ですがある程度仕事に慣れれば、困った所やマンパワーが足りない所に対し自発的・積極的にヘルプに入る姿勢を見せれば現場スタッフ間の評価はきっと上がる筈ですよね。ただし結果的に職場を引っ掻き回してしまう「無能の働き者」になってしまう事だけは絶対に避けるべき。自分が100パーセント自信を持ってこなせる範囲の仕事に対してヘルプが出来る様、普段からの職場全体における作業工程の把握をしておくべきでしょう。最初はぎこちなく接していたものが、やがてヘルプに入る度にお礼を言われる様になればしめたものです。

工場の求人を探す時には、求人を検索する時に業種などを条件として検索する事によって工場だけの求人を見つける事が出来ます。

Comments are closed.