保育士になるために必要な資格の取得方法3選

保育士資格がとれる学校へ通う

保育士の免許を取得するための方法として、国家試験をうけることなく卒業することで保育士資格が取得できる養成学校に通う方法がありますよ。養成学校にも種類があり、大学、短大、専門学校と分けられていますが、保育士資格をとるために通う学校としては一番短大が多いです。学校に通う場合ですが、授業の中で保育士になるために必要な知識を養うための授業のほかに、数ヶ月に分けて実務講習なども受けることで卒業と同時に保育士資格を得ることができます。

通信講座を利用しで試験をうける

養成学校などに通わずに保育士の免許を取るためには、年に1回ある国家試験を受ける必要があります。その際は、通信講座などを利用して勉強する方法が多いでしょう。通信講座での内容として、毎年実施される試験の内容をふまえポイントを抑えた教材で勉強をすることができますよ。また試験に向けてしっかりとしたカリキュラムも組み立てられているので、予定にそって勉強を進めていくことができます。通信講座などを利用した場合は、費用として5万円から30万円程度が相場です。

独学で勉強して試験を受ける

普段は会社などに働いている人の場合、養成学校に通うことはできず通信講座なども利用しない人は独学で勉強して試験を受ける人も多くいますよ。保育士資格を取得するための問題主など、多くの免許取得に向けた参考書が販売されています。仕事の合間に自分のペースで勉強することで、国家試験を受験することになります。独学での勉強になるためたくさんの勉強が必要とはなりますが、仕事はその他用事などの合間に勉強することができるので、自分のペースで進められるという点ではとても良いでしょう。

保育園での求人を効率的に探すことを望んでいるならば、応募先の情報を集めたサイトを閲覧して、条件を絞って検索する方法がおすすめです。

Comments are closed.