学生バイトが主力として働く飲食店の実態と現実

飲食店を運営する主力は学生

複数の従業員で店舗運営をする飲食店の場合は、主に学生のバイトが主力となっている場合が多いといえます。というのも飲食店のアルバイトは作業内容さえ覚えてしまえば誰でも挑戦することができる業務内容となっており、未経験でも採用することが多いことと、土日やディナーのピークタイムに勤務可能な年齢層というのが、主に放課後や休日の学生たちであるためです。また、アルバイトで生計を立てているわけではないので、シフト調整がしやすいのです。

昼間の時間帯はパートタイマーが運営する

基本的に平日の昼間はパートタイムの主婦やフリーターによって運営されています。学生たちには学校があるためです。飲食店を運営する上でシフトに穴を空けてしまうのは非常な痛手となってしまいますので、あらゆる年代層を採用しなければ成り立たないのです。もちろん授業が入っていない大学生が入ることもあります。人の数が足りないばかりにオペレーションに支障が出るということがないように、飲食店はそれぞれの時間帯に出勤できる人材を確保しておかなければなりません。

アルバイトの募集をすると学生が最も多く集まる

アルバイトの求人を出すと、応募してくるのはほとんどが学生です。もちろん掲載する情報によって学生は不可にすることもできますし、情報媒体によっては学生がほとんど目にしないものもありますので、例外は多くあります。ですが、基本的にアルバイトという働き方を望むのは学生であり、社会に出てからですとパートタイムや正社員として働くことを望むからです。主力が学生となるのはある種必然であるともいえるのです。そのためにも、飲食店側は学生でも働きやすい環境をつくる努力をしなければなりません。

仙台での飲食店なら求人件数がたくさん出ていますので、希望の時間帯や給与を実現しながら働くことが可能です。

Comments are closed.